最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

最新医療での胃潰瘍治療

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています
胃がきりきり痛むことが20年間ぐらいあります。私の場合痛い場合よりも、背中、肩などが痛みます。ゲップも多く、胃の内視鏡を今までに5回ほど受けましたが、毎回、胃潰瘍ですと診断され、薬をもらってきました。
そしてそのたびに行なう組織の培養検査では、ヘリコバスター菌は検出されませんでしたといわれてきました。私の姉のだんなさん、義理の兄は大酒のみでいつも胃が痛いといっては、私と薬を共有する仲でした。
そんな義理の兄がある日遊びに行くと、「この前ヘリコバスター菌を除去して、胃の調子がよくてよくて、酒もおいしくてすごーっく快調だ!」といって、私にいらなくなった胃薬をくれました。そんなことがあって私も胃の内視鏡をするたび心のそこでヘリコバスターがいたらいいのになんて思っていたらなんと今回の検査で、発見されたんです。いつもは大きな病院での検査でしたが、今回はかかりつけの内科で先生もよく知ってる先生のところで見つかったのです。ヘリコバスター菌の除去する薬は以前は高価だったそうですが、医療制度や薬の単価制度が変わり、経済的に収まりました。一週間服用する薬は、とても苦く苦しく、一週間内々苦しみましたが、その後の胃の快調感はすばらしいです。快適です。ゲップもありません。現在では胃潰瘍のほとんどの原因がヘリコバスターによるものだと聞きました。
そして胃潰瘍があると口臭の問題や、ヘリコバスターの出す分泌物が胃の中の環境を悪くするそうです。ヘリコバスターを退治すれば、胃潰瘍に苦しまずにすむようになったらいいです。

関連サイト

Copyright (C)2017最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています.All rights reserved.