最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

胃潰瘍かもしれないと思ったら医療機関へ

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています
胃潰瘍は今ではもうかなりよく聞く病名になってきました。特に何かとストレスの多い現代社会に生きている現代人は、知らず知らずのうちに胃潰瘍になっている可能性もあります。胃潰瘍を簡単に説明すると、食べ物を消化するときに分泌される胃酸が、何らかの原因で胃粘膜まで消化してしまって胃壁がただれてしまう病気です。胃潰瘍の症状として多いのは、みぞおちの上部の痛みです。特に食事中や食後に感じる人が多いです。他にはゲップに酸味があったり、胸やけや吐き気を感じるなどの症状が挙げられます。ひどい時は吐血などの症状が出ることもあります。
しかし、人によっては胃に何となく不快感があるぐらいで痛みはなく、知らない間に症状が進んでいってしまうこともあります。
胃潰瘍は主に胃粘膜の機能が衰えることで起こります。通常、胃粘膜は胃壁を胃液から守っているのですが、不安やイライラ、緊張や精神的ストレス、不規則な生活、ピロリ菌の感染などによって防御機能が失われていきます。特にピロリ菌の感染による胃潰瘍は7割にものぼります。他にも過度のアルコール摂取、刺激物の摂取なども原因になります。治療法としては、昔は手術での治療が一般的でしたが、現代医療においては薬で治療することが主流になってきています。
また、薬の服用とともに大切なのがストレス発散です。日本人は特にストレスの発散が下手ですが、これではいつまでたっても完治しません。頑張りすぎずに、心のゆとりを大切にすることが完治への近道と言えます。

関連サイト

Copyright (C)2017最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています.All rights reserved.