最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

胃潰瘍に、最新の医療を導入して欲しい

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています
私は仕事のストレスで、胃潰瘍になりました。体調を崩して胃カメラを飲むまで、二ヶ月くらいあったと思います。最初は、胃潰瘍だと診断されなかったので、薬を出してもらっていましたが、ますます悪化したので、胃カメラを飲む事になりました。
経験者から、辛い検査だと聞いていたので、正直受けたくなかったですが、痛みに耐えられず渋々承諾しました。口から入れるより、鼻の穴から入れる方が楽だと言われました。残念な事に、私の鼻の穴は狭かったみたいで、結局は口から入れる事になりました。鼻の穴の検査も相当痛かったので、その後で口から入れる事になって、かなりナーバスになりました。噂に聞いていた通りでした。

喉を通過する時に、吐きそうになって、辛くて涙が出ました。
結果、穴が二つ開いている事が分かりまし。写真を見せてもらいました。無料で貰えるのかと思ったら、有料だったので少し驚きました。前に、海外の医療の番組を観た時に、小型カプセルの中にカメラが入っていて、薬の様に飲み込むという方法を紹介していました。
管を入れる苦痛も無く、小型カメラで撮影された写真は、病院で確認出来るのです。
カメラは便と一緒に出るので、回収はしません。身体に負担や恐怖心の無い医療に驚き、羨ましく思いました。これなら、怖くないので気軽に受けられます。どんな病気でも、早期発見、早期治療が良いに決まっています。最新医療とは、賛否両論なのかもしれませんが、自己責任において、患者に選択権があれば良いと願います。

関連サイト

Copyright (C)2017最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています.All rights reserved.