最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

胃潰瘍になり医療保険に加入しました

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています
私は、子供の頃から胃腸系が弱く中学生の頃から胃に痛みや不快感を感じるようになりました。高校生の時には、胃痙攣で緊急入院した事もあります。社会人になり、職場内の人間関係で悩みそのせいか頻繁に強い胃の痛みや吐き気を感じるようになりました。
いろんな市販の胃薬を試してみましたが、あまりの辛さに病院に行きました。すると、診察後に即胃カメラを飲む事になりました。生れて初めての胃カメラでの検査の結果、胃潰瘍と診断されました。まだ19歳だったのでこの病名には、自分でかなりショックを受けました。その後、その病院で治療を続けましたが、なかなか完治せず大きな病院にかわる事にしました。

大きな総合病院に行くと、また1から検査でまた胃カメラを飲まされました。
正直、この胃カメラはかなりの苦痛で涙が出ました。それから同じ診断が下され治療を受けましたが、前回の病院とは全く違う治療法で病院をかわるとこんなに治療法が変わるのかと驚きました。それでも、なかなか治らず消化器内科の有名な先生のいる病院にまたかわりました。そこで初めて、ピロリ菌の検査を勧められ検査を受けピロリ菌が発見されました。ピロリ菌は胃の不調の原因になるとされています。
そこで直ぐに、ピロリ菌の除菌が行いました。その後、症状が急激に良くなり何だかまるで夢のような感じがしました。それでも、やはり胃が弱いのは完璧には改善されません。それから、自分で自分の体が心配になり医療の保険に加入しました。保険に加入するだけで安心感があります。

関連サイト

Copyright (C)2017最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています.All rights reserved.