最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています

胃潰瘍の辛さを感じたらすぐに、医療手当てを受けるべき

最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています
胃潰瘍なんて、これまでは聞いたことしかなく、どんな症状が出るのかさえ、全く知らなかった。初めて私が、就職をしたときのことでした。慣れない仕事で、毎年イライラしながら過ごすことが多くなり、先輩とうまくいかないことがあったりして、職場と仕事内容のしんどさから、胃の痛みを感じはじめました。
少し胃が痛い位では、仕事も休めないと感じていた私は、師範の胃薬を、毎日飲むようになっていました。今考えると、何故この時、もっと早く、生活の改善や、医療手当てを受けに行っていなかったのかなぁと思います。そうして、胃の痛みを、ごまかしながら毎日、ストレスのある日常を、なんとか過ごしていました。すると、今までよりも、きつい痛みを感じはじめました。さすがにこれは、大変だと感じ、病院へいきました。すると、胃潰瘍になっていました。

胃潰瘍になると、胃の痛みをひどく感じるので、立つことも出来ず、ずっと寝たきりでした。胃の痛みでこれほど、体がついてこないのは、びっくりしました。病院からの医療措置としては、安静と、薬で対応しましょうとのことで、数日間のみの入院を言い渡されました。退院してからもまだ、しんどかったため、仕事には行かず、ゆったりとした生活を心がけ、ストレスがかからない様に気を付けました。そうして、ようやく治りました。
胃潰瘍になってからは、すぐに胃が痛むことは増えたように思いますので、うまく自分をコントロールしながら、あまりストレスのある状態にならないように、日々気を付けていくようにしながら、すごしています。

関連サイト

Copyright (C)2017最近の医療では胃潰瘍による胃カメラ検査も楽になってきています.All rights reserved.